フォークリフト運転の注意点

フォークリフトの運転では、些細なことでも重大事故となってしまう可能性があります。

そのため、法定検査きちんと行い、正しく車両管理をすることで事故の防止に努めていくことが重要です。

フォークリフトにおける事故や災害などでの死傷者数は、平成17年度の統計では2607人となっています。

思いのほか多いですね。



フォークリフトを使った作業は、量をこなすような作業が多いため、どうしても時間に追われて急いで作業を行う状況が多く見られます。

結果、転倒事故、荷物の落下事故、挟まれ事故など、不注意に因る死亡事故原因が事故全体の半分以上となっているようです。



急がば回れ、とはよく言ったもので、作業を急いだがために結局は事故を呼び、作業効率が落ちるだけならまだしも命の危険まで招いてしまいます。

プロフェッショナルであればあるほど、慣れに慢心せずに安全確認を行い、油断を排除していくべきでしょう。


「運転」という技術を要するものでは、フォークリフトに限らず「安全確認」が第一となっています。

フォークリフトの技能講習で安全確認や指差し呼称を忘れてしまえば、一発で不合格ですね?

それを「バカらしい」と抜かしてしまうようでは、運転をする資格を失うのと等しい行為なのです。


安全確認は全ての基本であり、事故の防止や作業効率を高める為に、絶対に忘れてはなりません。


話は少し変わりますが、最近、遊園地やエレベーターでの事故がよく取りざたされています。

往々にして、事故を起こしたところは検査義務を遵守せず、大きなニュースとなってしまうような事故が立て続けに起こったのも記憶に新しいところです。


フォークリフトにおいては、年次、月次の定期検査は労働安全衛生法に定められた法定検査となっていますので、「法令遵守」を心がけ、期限内に必ず検査を行っていきましょう。

フォークリフト免許の種類&取得過程は?

フォークリフト免許。

と書くと1つの種類しかないように思えますが、実はフォークリフトの免許は「1トン未満」と「1トン以上」で種類が分かれています。


1トン未満の免許の場合は、先に大型特殊免許を持っている必要はありません。

かたや、1トンを越すフォークリフトを公道上で運転する場合は、大型特殊免許が必要となります。


当然、1トン以上のフォークリフト免許が最高レベルの免許となります。

通常、車の免許のは、小型普通免許、中型普通免許、大型普通免許がありまして、それぞれに「2種免許」という資格があります。

だいたい、お客さんを乗せて走るような時に2種免許が必要になります。

小型2種ならタクシー運転手、大型2種ならバス運転手、みたいな感じですね。


で、フォークリフトはと言いますと、公道で運転する場合、「特殊」という免許が必要になってきます。

どう見ても普通の車じゃないですしね。(笑)


ただし、公道ではなく工事現場などの私有地内だけ走行するのであれば、大型特殊免許の取得は必要ではありません。


さて次に、フォークリフトの運転免許講習についてですが、講習には学科と実技の2つがあります。

普通の車の教習所とおなじですね。


学科では、フォークリフトの装置の構造および取扱い方法、荷役用の装置の構造および取扱い方法、また、運転に必要な力学の知識(!)、関係法令などについてを学んでいきます。


実技は、もちろん実際にフォークリフトで走行したり、フォークリフトで荷役作業の操作を行っていきます。


なお、取得済みの免許によって違いはありますが、通常は学科でおよそ10時間程度、実技で24時間程度の講習を行い、試験での成績優良者に終了証がわたされます。

フォークリフトの登録および課税について


街でフォークリフトを見掛けたら、ちょっと見てみましょう。

『フォークリフトにナンバープレートが付いていない!』

ということに気付く場合があります。w


日本の道路交通法では、公道を走るときにはナンバープレートが必要ですが、倉庫などの構内だけで作業する場合は、フォークリフトにナンバープレートがなくてもとりあえずOKです。


とはいえ・・・。


ではナンバープレートはフォークリフトには必要ないかといえば、そうともいえません。^^;


なぜかと言いますと、倉庫構内で使うフォークリフトなどの作業車を、車両の登録を行わずに軽自動車税を支払わないと、固定資産税の償却資産の方でで課税されるようになるのです。w


固定資産税と小型特殊軽自動車税を比べた場合、自動車税のほうが安い場合がありますので、たとえ構内だけでしか使わないフォークリフトであっても、ナンバープレートがついている場合があるのですね。


軽自動車税(小型特殊自動車を含みます)は、公共用途の免除、一部の減免規定などを除いて、公道を走行するしないにかかわらず、課税対象となるんです。

軽自動車税を納付した証がナンバープレートの交付になるというわけです。


もしも、


「ナンバープレートをつけるかつけまいか・・・」


と悩むようであれば、各市区町村に必ず軽自動車税の担当部署がありますので、まずは問い合わせをしてみてはいかがでしょう。^^


なお・・・。

「大型特殊」の場合は、運輸局陸運支局で登録しなければなりません。

大型特殊の場合は自動車重量税の対象となって、車検もしなければいけませんし固定資産税の償却資産の対象にもなるのです。


構内作業車でも、ナンバーがないと償却資産で課税されます。

ご注意くださいね。^^;
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。